リリムジカの管さんを迎えて 第4回いいご近所づくり会議

いいご近所づくり会議|2015/12/24 posted.
いいごき ver4_バナー

リリムジカの管さんをお招きして、いいご近所づくり会議第4回開催です。

「いいご近所づくり会議」は、これからのご近所づくりを担うアクティブで面白い人たちのサードプレイスです。

毎回、私たちが暮らすご近所の中で、いま起きている様々な生活者課題を、楽しく、ユニークな方法を用いて解決しているゲストを招いて、一歩先をいく「いいご近所づくり」について実践的に学んでいます。

今回のゲストは、株式会社リリムジカの管偉辰さん。
『リリムジカが音楽で創りだす、介護の現場の新しい場づくり、関係づくり、仕事づくり』をテーマに、お話を伺います。

<< イベント概要 >>

日程:2015年5月23日(土)

時間:15時00分~18時00分 [14:30 会場]

場所:都内で調整中です。

参加費:3,000円 (レポート付き)
(土曜の午後に囲みたい持ち寄りフードorドリンク1品)

主催:一般社団法人グッドネイバーズカンパニー
(http://gnc.or.jp/)

・・・・・・・・・・・・・

「いいご近所」といっても、いろんなカタチがありますが、グッドネイバーズカンパニーの考える「いいご近所」とは、”楽しい!”とか、”何か気になる!”とか、ポジティブな気持ちで多様な人がつながっている空間のこと。そんな空間を生み出すことができたら、生活者課題の解決にもつながる「いいご近所」が実現すると思っています。

その意味で、リリムジカが行っている事業は、介護の現場という「ご近所」をフィールドに、音を楽しむという手段や技術に着目し、音楽家と高齢者と福祉事業者がそれぞれ抱えていた課題を、楽しく解決している「いいご近所づくり」だと思います。

当日は、リリムジカの創業ストーリーに始まり、高齢者を対象にした音楽プログラムではどんな場づくりをしているのか、ミュージックファシリテーターという新しい仕事づくりの中で、どのように人材を育てているのか、介護の現場の課題解決に欠かせない、異なるステークホルダー間の関係性づくりで経験してきた苦労話や工夫など、じっくりお話を伺います。

そして後半は、参加される皆さんと共に「リリムジカの取り組みから『私のご近所』に活かせることは何か?」をテーマとした対話の場を設けます。

・・・・・・・・・・・・・

<< 当日のプログラム >>
1.はじめに (10分)
2.管さんのゲストトークとQ&A (45+15分)
3.みんなの対話型会議 (60分)
4. 全体共有 (30分)
5. 管さんからの感想 (10分)
6. おわりに・記念撮影 (10分)

<< こんな方、お待ちしています! >>
◎「楽しい」を軸にした「いいご近所づくり」がしたいと考えている人
◎医療・介護・福祉業界における生活者課題のクリエイティブな解決のヒントを得たい人
◎音楽が好き、音楽を仕事としている人で、ケアの現場に興味がある人
◎クリエイターやデザイナーなどの仕事についていて、医療・介護・福祉との接点に興味がある人

<< ゲストの紹介 >>

◎管偉辰さん
(株式会社リリムジカ 代表取締役 共同代表)

1986年生まれ、東京都出身。一橋大学商学部経営学科卒。2008年、音楽療法士の柴田萌と共にリリムジカを起業。リリムジカは「心に響く音楽」という意味。起業後、亡き祖父が老人ホームの書道の時間に「四面楚歌」と書いていたことを知る。このことから「死ぬ前の時期を幸せにするにはどうしたらよいか」を考えるようになる。そこから介護施設・高齢者住宅における参加型音楽プログラムのプロデュースに注力。会社全体では通算3000回以上プログラムを実施。2012年SVP東京投資・協働先として採択される。

◎リリムジカ
http://lirymusica.co.jp/